霧島山(新燃岳)に関する情報(3月13日更新)

新燃岳は、当館からは約22㎞、1時間以上距離が離れております。
風向きにより噴火による火山灰が降っていますが、危険はございませんので、安心してお越しくださいませ。

新燃岳では、噴火活動が活発化しています。3月10日01時54分と04時27分の爆発的噴火では弾道を描いて飛散する大きな噴石が1,800mまで飛散しました。噴煙は最高で火口縁上4,500mまで上がりました。
地殻変動では、3月9日18時頃から新燃岳方向が隆起する傾斜変動がみられています。
火山性地震は多い状態が続いており、引き続き、24時間で200回を超えています。
浅いところを震源とする振幅の大きな低周波地震も引き続き発生しています。
現在、新燃岳の火口内は溶岩で覆われ、火口の北西側の一部では高温の溶岩が現在も流出しています。
今後、更に活動が活発になる可能性があります。
新燃岳火口から概ね4kmの範囲では弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
新燃岳火口から概ね2kmの範囲では流下する火砕流に警戒してください。

霧島市広域Map

火口近く4kmに警戒範囲はでておりますが、当館からは22㎞、1時間以上距離が離れておりますので、特に影響はございません。
安心してお越しくださいませ。

■道路交通規制
・県道104号線(霧島公園小林線)の一部(新湯三叉路~高千穂河原)
・県道1号線(えびの高原~小林線の一部)
・県道1号線の一部(霧島いわさきホテル上~えびの高原)
・県道480号線の一部(湯ノ野口~高千穂河原)
・市道永池湯之野線の一部(霧島ペンション村~県道104号線)
※県道30号線(えびの市~えびの高原)は通常通り通行できます。
※市道永池~湯之野線を利用して、霧島ペンション村への通行は可能です。
※上記規制に伴い、霧島連山周遊バスは平成30年3月2日始発便から運休となりました。

■規制区域内及びえびの高原の施設の営業状況
・高千穂河原ビジターセンター          休館
・国民宿舎霧島新燃荘              休館(リニューアル中の為)
・国民宿舎みやま荘               休館(リニューアル中の為)
・えびのエコミュージアムセンター        通常営業
・足湯の駅えびの高原、りんどう(バス停前売店) 通常営業
・国民宿舎えびの高原荘(立ち寄り湯含む)    通常営業
※他の霧島市内の宿泊施設および観光関連施設は4km圏外につき通常通り営業を行っています

■利用できる登山道
・えびの岳
・池巡りコース(白紫池~六観音御池展望台までのコース)
・栗野岳
・アバンダント白鳥郷土の森~甑岳

■新燃岳から主要な地点までの直線距離について(Googleマップにて計測)
県道1号線から県道104号線(新湯温泉)の分岐点 約3.4km
霧島温泉市場(丸尾交差点) 約5.9km
霧島神宮 約5.8km
霧島市観光案内所 約6.5km
鹿児島空港 約19.9km
霧島市役所 約22.1km
優湯庵 約22.0km

※随時情報が更新されますので、最新情報は下記ホームページをご覧ください。
鹿児島県ホームページ https://www.pref.kagoshima.jp/af08/kirishimatozandou.html
気象庁噴火警報・予報 http://www.jma.go.jp/jp/volcano/
宮崎県 http://www.pref.miyazaki.lg.jp/index.html

一覧へ