鹿児島県霧島市 塩浸温泉 龍馬公園 坂本龍馬 新婚旅行の地



坂本龍馬について詳しく知ろう!!

龍馬年表

年代 年齢                出来事
1835
(天保6)
1歳 ・11月15日、郷士・坂本長兵衛(のちの八平直足)の次男として高知城下本丁筋1丁目(高知市上町)に生まれる。
1846
(弘化3)
12歳 ・6月、母・幸病没。龍馬は漢学の小高坂村楠山塾に入門するが、間もなく退塾。
1848
(嘉永元)
14歳 ・日根野弁治の道場で小栗流剣術を学ぶ。
1853
(嘉永6)
19歳 ・3月、「小栗流和兵法事目録」を授けられ、江戸に出て北辰一刀流・千葉定吉道場に入門する。
・ペリー来航により、江戸湾の品川海岸警備にかりだされる。
・11月、土佐に帰り、絵師の河田小龍に会う。
・12月、「佐久間象山砲術門人帖」に入門を記載。
1855
(安政2)
21歳 ・12月、父八平直足没。
1856
(安政3)
22歳 ・8月、再び剣術修行で江戸に向かう。
1858
(安政5)
24歳 ・千葉定吉より「北辰一刀流長刀兵法目録」を授かり、江戸から帰国。
・立川の関所で水戸藩士に会う。
1859
(安政6)
25歳 ・土佐藩西洋砲術・徳弘孝蔵に入門。
1861
(文久元)
27歳 ・秋、武市半平太(瑞山)の結成した「土佐勤王党」に血盟。
・10月、剣術詮議を名目に四国中国の状況を探って帰国。
1862
(文久2)
28歳 ・正月、武市の使者として長州へ行き久坂玄瑞に会う。
・武市と意見が合わず、土佐勤王党と別れ、3月24日に同志・沢村惣之丞(関雄之助)と携えて土佐国を脱藩。長州下関から九州を経て、閏8月江戸の千葉家に入る。
・10月、幕臣・勝海舟を訪問し入門。
・越前藩主・松平春嶽、大久保一翁の知遇を受ける。
1863
(文久3)
29歳 ・勝海舟の尽力で脱藩の罪が許される。
・兄・権平直方と京都で再会する。
・5月、勝海舟の「海軍塾」を作るために松平春獄から5千両を借りる。
・10月、海軍塾の塾頭となる。土佐藩の帰国命令を拒否し、再び脱藩の身となる。
1864
(元治元)
30歳 ・5月、幕府の「神戸海軍操練所」が完成し入所。
・池田屋騒動、禁門の変で多くの同志を失う。
・勝海舟の使者として西郷隆盛に会う。
・10月、海舟の江戸召還により操練所と塾が解散されたのち、小松帯刀、西郷隆盛の尽力で薩摩の保護を受ける。
1865
(慶応元)
31歳 ・近藤長次郎、高松太郎ら同志と薩摩へ行く。
・閏5月ごろ薩摩藩の援助で長崎に「亀山社中」を設立、通商航海業を営み、そのかたわら薩長和解に尽力。
1866
(慶応2)
32歳 ・1月21日、「薩長同盟」成立。
・1月23日、伏見寺田屋で遭難、寺田屋の養女お龍の注進で脱出。これをきっかけにお龍と結婚、西郷らの計らいで
 薩摩へ新婚旅行。
・6月、下関における対幕海術(第二次長州征伐)で亀山社中は長州の軍艦「ユニオン号」(桜島丸のち乙丑丸)に 乗り組み、
 長州の勝利に大きく貢献する。
1867
(慶応3)
33歳 ・4月、亀山社中は「海援隊」と名前を変え、龍馬が隊長となる。
・後藤象二郎と会い脱藩の罪が許され、海援隊隊長を命じられる。中岡慎太郎が「陸援隊」隊長となる。
・4月、海援隊の「いろは丸」が紀州藩の船に衝突され瀬戸内海で沈没。紀州藩に「万国公法」やPRソングで交渉、
 賠償金8万3000両(実額支払い7万両)を獲得。
・後藤象二郎に「大政奉還」を勧める。
・6月、後藤象二郎に「船中八策」を示す。
・8月、長崎でイカルス号水夫殺害事件が起き海援隊に嫌疑がかかる。ために後藤と進めていた大政奉還運動が 著しく遅れる。
・9月、事件解決とともに銃器1000挺を高知へ運び5年ぶりに坂本家に2泊して京都へ上る。
・10月13日、徳川慶喜は二条城で大政奉還を伝えた。
・11月、越前福井の由利公正を訪い新政府財政を相談し帰京後、船中八策を換骨脱胎した「新政府綱領八策」(諸 侯会盟の覚書)
 を草した。
・11月15日、京都近江屋・井口新助方2階で、夜5ツ半(午後9時過ぎ)、数人の刺客に襲撃されて闘死。同席の中 岡慎太郎も遭難、
 17日絶命。供の藤吉も16日絶命。
・12月2日、下関にいたお龍に龍馬の死が知らされる。


Q 坂本龍馬って何をしたの?
 
 「龍馬は江戸幕府を倒すきっかけを作った人」といえます。当時の幕府は外国の要求を拒絶する力が無く、諸藩をまとめる力も弱くなっていました。
しだいに、このような幕府では日本を守れないと考え、幕府を倒して天皇の下に統一された国家が必要だと考える人が現れました。
龍馬もその一人でした。龍馬は幕府を倒すために、まず幕府と対抗できる大きな力を持った薩摩藩と長州藩の同盟を成功させます。
薩摩藩と長州藩は後々、武力によって幕府を倒そうと考えますが、龍馬は国内で戦争をしてはいけないと考えていましたので、
平和的な倒幕である大政奉還を土佐藩に提案します。この案は土佐藩から徳川慶喜に進言され、慶喜もこれを受け入れて、
形式上は幕府が消滅しました。そして、龍馬は新政府が進むべき道を船中八策によって示しました。龍馬がこのような大きな仕事を
成し遂げられたのは、他の人と違う点をいくつか持っていたからです。まず、
立場の違う人の言うこともしっかりと聞き、
良い所を吸収する柔軟な考えを持っていたこと。
そして、多くの人が実現不可能だと思っていることでも成功させられる
行動力を持っていたこと。新しい時代の明確なビジョンを持っていたこと。
そして最も重要なのは、優れた人脈を幅広く持っていたことです。

Q 慶応2年の坂本龍馬とお龍の新婚旅行はどこを回ったか、詳しいコースは・・・
 

2月29日 夜、伏見邸(伏見の薩摩藩邸)ニ下り乗船。
3月朔日(1日) 大坂。
   4日 三邦丸に乗船。
   5日 朝、出帆。
   6日 夕、下関に泊まる。
   8日 長崎に至る。
  10日 
鹿児府(鹿児島)に至る。
  16日 大隅霧島山の方、温泉に行き、鹿児島の東北7里(28km)ばかりのところ、浜の市に至る。
       但し舟で行く。
日当山(ひなたやま)に至る。
  17日 
塩浸(しおひたし)温泉に至る。
  28日 
霧島山へ出発。霧島温泉所で泊まる。
  29日 霧島山山上に登る。そのあと
霧島神宮で泊まる。
  30日 霧島温泉所に帰る。
4月    塩浸(しおひたし)温泉に帰る。
4月 8日 
日当山に帰る。
  11日 浜の市に帰る。
  12日 浜の市から舟にのり鹿児島へ帰る。
  14日 改正所(藩の事務所か?)に至る。
5月 1日 桜島丸(さくらじままる)鹿児島に来る。
6月 1日 桜島丸に乗る。このあとは長崎でお龍を下ろし下関へ。(高杉を応援するため)
  17日 関門海峡へ着き、海戦を行う。

Q 龍馬とお龍の日本初の新婚旅行について教えて下さい。場所と其処を選んだ理由、その地から
乙女姉さんに宛てた手紙の内容を教えて欲しいです。また、乙女へ宛てた手紙にある、
「きり島の社」は「霧島神宮」ですか?また、「宮もものふり極とふとかりし」の訳と意味を教えて下さい。
また、この旅の内容や関係するお話があれば教えて下さい。


【龍馬とお龍の日本初の新婚旅行の場所】鹿児島県恰良郡牧園町の霧島山のふもと周辺を中心とした鹿児島
【場所の理由】薩摩の西郷隆盛や家老の小松帯刀(たてわき)たちが、薩長同盟のあと寺田屋で襲われてケガした龍馬に
保養してもらおうと招待しました。このあたりは西郷や小松もよく利用していた所です。
【乙女宛ての手紙】
○お龍のおかげで自分の命が助かったこと
○お龍自身のこと(楢崎将作の娘、いま自分の妻、今年26才など)
○薩摩旅行のあらまし
 ・日当山(ひなたやま)温泉や塩浸(しおひたし)温泉に行ったこと
 ・犬飼の滝の見事さ。塩浸で10日ばかりも泊まり、釣りをしたり、ピストルで鳥を撃って面白かったこと
 ・霧島山に登ったこと。
【霧島神宮について】きり島の社は霧島神宮です。
【宮もものふり】=長い歴史を感じさせるお宮
【極とふとかりし】=大変立派な雰囲気があった
この旅行は慶応2年3月大阪から船で鹿児島へ行き5月末まで、ゆっくりと滞在しますが、帰り際には刀を作らせたり久しぶりに旅行を楽しみました。
何日に何をしたかは、「龍馬手帖摘要」という文書に日記風に書かれてあります。



霧島には様々な観光名所があります。
坂本龍馬も戦いの傷を癒しに訪れたと言われるほどの、名湯の数々。
霧島神宮をはじめ、鹿児島神宮、坂本龍馬とお龍の湯治碑、黒酢壷畑、
桜島など、まだまだ自然に触れることのできる観光名所がたくさんございます。

日本で初の新婚旅行をしたと言われる霧島の地。
数々の神話が残る霧島を、訪れてみてはいかがでしょうか?
また、2010年1月からは「龍馬伝」の放送が始まります。

坂本龍馬の歴史を感じながら、霧島の地を歩いてみましょう。

霧島「塩浸温泉 龍馬公園」2010年5月1日OPEN




【開園日時】2010年5月1日(土)OPEN!

営業時間  午前9時〜午後6時

駐車場【第一駐車場】10台程度 【第二駐車場】15台程度

坂本龍馬が妻お龍を連れて日本最初の新婚旅行に訪れた地、鹿児島県霧島。その際、もっとも逗留した場所が「塩浸温泉」です。
坂本龍馬と霧島・薩摩がわかる「龍馬資料館 この世の外」、龍馬が湯治した源泉を利用した「塩浸温泉」と「龍馬とお龍の縁結びの足湯」
「坂本龍馬・お龍新婚湯治碑」のほか、龍馬が入ったとされる湯船があります。

激動の幕末期に、龍馬が最愛の妻お龍とかけがえのない時間を過ごした場所「塩浸温泉」。
龍馬が駆け抜けた自然、踏みしめた大地、お龍と寄り添った空間がここにあります。

【資料館】

・【名称】龍馬資料館「この世の外」
・【床面積】77.28u 建築面積:89.20u
・坂本龍馬と霧島・薩摩がわかる資料展示及び塩浸温泉や霧島市の紹介など霧島観光の拠点施設として活用
・【料金】特別企画展 大河ドラマ「龍馬伝展」大人300円、小人150円
・【足湯】龍馬とお龍の縁結びの足湯 無 料

※当館よりお車で20分程。