霧島神宮のご紹介。霧島神宮は、九州 鹿児島県を代表するパワースポットの地

お問い合わせ お電話番号0995-42-0550 優湯庵のインターネット宿泊予約

? お得な会員登録はこちらから


霧島神宮

霧島神宮のご紹介 霧島神宮はパワースポットの地としても有名

パワースポット 霧島神宮

霧島神宮

霧島神宮のご紹介

霧島神宮

霧島神宮の歴史

霧島神宮についてのご紹介
霧島神宮は、天孫降臨 迩迩芸命(ニニギノミコト)を祀るお社です。

霧島神宮は創建が6世紀という古い歴史を誇る神社です。高千穂峰山頂にありましたが、噴火によりたびたび火災にあい、次にその西の中腹、そして高千穂河原へ移り、1484年に今の場所へ移って来ました。現在の霧島神宮の社殿は1715年に島津藩主の島津吉貴が建立したものです。
霧島神宮内にある御神木の杉は樹齢約800年と推定され、南九州の杉の祖先ともいわれています。

霧島神宮 パワースポット

霧島神宮 パワースポット

霧島神宮のパワースポット
パワースポットで得られるエネルギーの人間への効用としては、次のようなものがあるとされます。
◆生命エネルギーの強化
◆病気に対する自己回復力の向上
◆肉体・精神の浄化
◆物質のマイナスエネルギーの除去、浄化
◆癒し、リラックス
◆潜在能力、霊性の開発
欽明天皇の時代、慶胤(けいいん)なる僧侶に命じて高千穂峰と火常峰の間に社殿が造られたのが始まりとされます。実際の所は高千穂峰に対する山岳信仰から始まった神社と言われています。樹高35メートル、樹齢800年のご神木の杉がパワースポットとして、南九州一体の「杉の祖」といわれている。

宿泊プラン一覧へどうぞ
霧島神宮 九面お守り
神木の杉
霧島神宮  皇室を守護し、日本を救う神

天孫降臨の地 kirisima

紅葉に色づいた霧島神宮

九州鹿児島県を代表するパワースポット 霧島神宮

霧島神宮のご紹介

欽明天皇の時代(6世紀)、慶胤(けいいん)なる僧侶に命じて高千穂峰と火常峰の間に社殿が造られたのが始まりとされる。神木の杉は、樹齢約800年と推定され、南九州の杉の祖先ともいわれています。

霧島神宮の社殿はいずれも朱塗りの華麗なもので、特に本殿は内部も豪華に装飾され、柱、梁、長押などはすべて朱漆塗りとした上に要所を彩色文様や鍍金の飾り金具で装飾されています。

壁には極彩色の浮き彫りを施した羽目板を配されています。神社建築において外部だけでなく内部までこのように装飾をこらしたものは非常に珍しく、「西の日光」との別名を持ちます。

樹齢800年の御神木を見上げる度に神聖な気持ちになりますね。霧島神宮の偉大さと、眺めの良さにも感激です。

坂本龍馬が日本人としてはじめて新婚旅行に来た場所でもあります。

霧島神宮に参拝の折には、日本の国の繁栄と皇室の弥栄を祈願し、あわせて自分自身の家運隆昌と心願成就を願うとよいでしょう。ニニギノミコトが皇室の祖神であり、その後、男系継承が連綿と続いて現在の天皇陛下につながっているとされます。

日本で最も古い書物である古事記および日本書紀に「筑紫日向の高千穂の久士流多気に天降降ります」「日向の襲の高千穂の峯に天降ります」と記されている霊峰が背後に立つ高千穂峰です。頂上には”天の逆鉾”があり、山容の崇高秀麗なことは、筆紙につくすことはできません。高千穂峰一円は古えの日向の国のうちであり、古事記・日本書紀に記載されている日向国はその後「和銅年間」四郡を裂いて大隅国が置かれました。

霧島神宮【九面お守りとは・・・】
霧島神宮には、宝物として九つの面があります。霧島には、古くから九面信仰があり、九面は工面に通じ「工面がいい」「工面がつく」として演技がいいので商売をされる方々が、参拝の際にはこの九面を拝むということが行われていました。現在では、商売繁昌・除災招福・厄除けの面として、社頭で授与しております。

霧島神宮
霧島神宮 お守り

露天付き離れ宿 優湯亭新装オープン

メルマガ会員登録