霧島温泉 優湯庵 お問い合わせ
0995-42-0550

SL人吉情報。蒸気機関車58654号機が「SL人吉」として熊本〜人吉間に復活!

人生には時間を取りもどす旅が必要です。心を癒し、人と語らい、自然を戯れる豊かなひととき。お客さまの大切な想い出づくりをエスコートするために、SL人吉が発車します。 生きているかのように表情豊かな蒸気機関車。風雪に耐えた100年レイルを行く旅は、豪華で心地よくなった列車と、鉄道ならではの上質なサービスでホスピタリティに満ちています。 汽笛の音を胸に刻みながらゆく極上の鉄道旅行をお楽しみ下さい。
JRでお越しの際は、最寄の隼人駅及び国分駅までお迎えを致しております。


肥薩線100周年
SL人吉

蒸気機関車58654号機が、「SL人吉」として熊本〜人吉間に復活しました。

【運行再開】
昭和50年3月に引退し矢岳駅のSL展示館で保管されていた58654号機が、昭和63年オーバーホールされ復活し、最後のハチロクとして肥薩線では年3回ほどその雄姿を見せてくれましたが、平成17年8月、老朽化により引退いたしました。
その後、人吉球磨地域の方々の熱意ある訴えなどにより、平成19年1月に九州旅客鉄道株式会社の定例会見で、肥薩線全線開通100周年の平成21年夏に熊本〜人吉間を運行することが発表されました。

【歴史】
8620形は、日本国有鉄道(国鉄)前身である鉄道院が製造した、日本で初めて本格的に量産された国産旅客列車牽引用テンダー式蒸気機関車です。
「ハチロク」と愛称され、国鉄蒸気機関車の末期まで全国で使用されました。明治末期に急行列車用として各国から輸入された8700形・8800形・8850形などを参考に、日本の蒸気機関車国産化技術の確立を目的として設計、製造されました。
昭和6年(1931)から廃車が始まりましたが、1955年までの廃車は20両前後しかなく、殆どが蒸機終焉期まで走り続け、軸重負担が軽いのもあって、貨物輸送量の小さい先駆では重宝され、全国各地を転々とした物も多く見られます。一番最後まで残ったのは、58654。昭和50年3月10日まで、走っていました。


≪運行路線≫ JR熊本駅〜JR人吉駅

肥薩線 いさぶろう号・しんぺい号の旅

人吉駅と吉松駅を結ぶ観光列車「いさぶろう号」・「しんぺい号」は、明治四十二年開通当時の通信大臣・山県伊三郎と鉄道院総裁・後藤新平の名前をとってつけられています。
ちなみにこの列車で旅の途中にある矢岳第一トンネルの矢岳川の入口には山県の「天険若夷」、吉松側入口には後藤の「引重致遠」の石額が残り二人の、難工事を労う心情が留められています。
このほのぼのとしたネーミングの列車は、観光列車として特別にレトロな内装に仕立てられ、アナウンスによる観光説明と見所では徐行するというサービスがあります。
またD51が展示された矢岳駅では停車時間が長くとられているので、ぴかぴかに磨かれた雄姿をじっくり観察することができます。
いくつもの情緒ある古い駅舎に見送られ、険しい山道を懸命に走る「いさぶろう」「しんぺい」号は、三十五キロの距離を一時間半かけて自らも景色を楽しむかのようにゆっくり走ります。

≪運行路線≫JR人吉駅〜JR吉松駅
いさぶろう・しんぺい号
はやとの風

特急「はやとの風」

霧島の絶景を颯爽と駆け抜ける漆黒の観光列車真っ黒なボディの「はやとの風」号。ホームに入線してくる時点で、すでにタダモノならぬ雰囲気ですが、
車内に一歩足を踏み入れると、さらにタダゴトならぬパラレルウッディーワールド。
至るところが木・木・木。化粧板は木目で床面はフローリング。 新幹線「つばめ」以上の衝撃が待っています。緑に包まれた霧島の眺望を楽しみながら走る、漆黒のボディーに金のエンブレムが輝く優雅で重厚な黒列車。車内はあたたかい木の温もりを感じるレトロチックな 雰囲気です。緑と温泉の地、神話の里としても知られる霧島へとその勇姿を走らせます。

築105年の「嘉例川駅」の姿もご堪能下さい!

≪運行路線≫JR鹿児島中央駅〜JR隼人駅〜JR吉松駅
肥薩線運行表

九州JR運行MAP

人生には時間を取りもどす旅が必要です。心を癒し、人と語らい、自然を戯れる豊かなひととき。お客さまの大切な想い出づくりをエスコートするために、SL人吉が発車します。 生きているかのように表情豊かな蒸気機関車。風雪に耐えた100年レイルを行く旅は、豪華で心地よくなった列車と、鉄道ならではの上質なサービスでホスピタリティに満ちています。 汽笛の音を胸に刻みながらゆく極上の鉄道旅行をお楽しみください。

九州新幹線でスピードを楽しみ、肥薩線でゆく観光列車「特急はやとの風」「いさぶろう・しんぺい」「SL人吉」でのんびり楽しむ。くま川鉄道にもミュージアムトレインが新登場。南九州3県を跨ぐ鉄道の旅は魅力に満ちています。


是非、JRの旅をお楽しみ下さい。

≪肥薩線の歩み≫

明治34年、鹿児島〜国分(現在の隼人)間で開業した鹿児島線は36年に吉松まで開通。熊本側からは39年に八代〜坂本間を貨物線として開業し、41年には八代〜人吉間が門司から連続する九州線として開通しました。明治42年11月、最後の難所であった人吉〜吉松間の完成で門司と鹿児島を結ぶ壮大な鉄路が開通し、昭和2年の海岸線(八代〜鹿児島間)開業まで鹿児島本線と呼ばれました。それ以降、現在まで「肥薩線」の名称で親しまれています。ちなみに湯前線(人吉〜湯前間、現くま川鉄道)は大正13年に開業しています。

=熊本〜鹿児島間 SL人吉=時刻表
熊本〜鹿児島間 SL人吉 熊本〜鹿児島間 SL人吉 乗車期間 SL人吉〜いさぶろう・しんぺい号〜はやとの風
=人吉〜吉松間 いさぶろう・しんぺい号=SL人吉 時刻表
人吉〜吉松間 いさぶろう・しんぺい号
=吉松〜鹿児島中央駅間 はやとの風=
吉松〜鹿児島中央駅間 はやとの風


             □熊本駅〜当館までのJRアクセス方法□

 
 @熊本駅〜人吉駅まで「SL人吉」・・・約2時間32分
 A人吉駅〜吉松駅まで「いさぶろう号」「しんぺい号」・・・約1時間11分
 B吉松駅〜隼人駅「はやとの風」・・・約50分
 CJR隼人駅〜当館
 (鹿児島駅〜隼人駅まで「はやとの風」)・・・約32分


 鹿児島 温泉お部屋お料理宿泊予約お客様の声霧島観光優湯亭離れ宿露天風呂付き客室家族湯家族風呂

霧島温泉 優湯庵




霧島温泉 優湯庵
鹿児島県霧島市隼人町姫城1-177
TEL 0995-42-0550
FAX 0995-42-2474

※一部文章・画像に関しましてJR九州様より抜粋